明治vs青山学院(5/4)、再試合とはならず

この試合、落雷のため途中で中止。前半33分に雷雨のため一旦中断し、天候回復の見込みがないことによりノーゲーム。再試合も考えられたが、春季大会の日程もなかなかタイト。結局、途中経過の明治大学の 36-5 を受け止めて、明治の勝利で決着。

明治は、拓殖大学との試合同様、その強さを発揮。FWの強さは玉際で十二分に発揮。これは青山学院が弱いのではなく、本当に集散力が違う。BKのコース取りは美しいほどだ。まだ早慶は春季大会に出場していないが、現時点では、明治がリーグ戦を含めて最強のように思われる。ただカテゴリーがBグループなのだが。

二年に一度の神田祭。町内は神輿の掛け声が響く。孫を連れて一緒に山車を引く。今日の午後は見どころのある、祭礼があるのだが、それをは見物できず。

午後に中野で研究会があった。二本の報告を大変興味深く聞く。会の終了後は、いつもの店でビールを飲みながら歓談。高齢者が多い研究会なので、7時過ぎにはお開きとなる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック